すいか通販ランキング

熊本 夢大地 かもとスイカ

熊本「夢大地かもとスイカ」は、実を切ることなく果肉の糖度を計測できる最新の光センサー設備で、糖度11度以上の玉だけに選別した厳選品!ハズレのない確かな甘さと高品質が魅力の大玉スイカブランドです。
さらに、光センサーによる空洞検査済みのため、実詰まりも確かであんしん。切ったらスカスカ!?なんて心配もしなくていいんです。
・熊本県はスイカ生産量日本一!なかでも、高い信頼を獲得しているトップブランドが、この「夢大地かもとスイカ」。
同じ熊本スイカでも、鹿本(かもと)産とそれ以外に分けて扱われるケースも少なくありません。

 

価格 サイズ 評価
8,964円 2L (7kg)×2玉 すいか,通販,お取り寄せ

 

 

 

 

 

マドンナすいか 秀品

北海道富良野産 糖度12度の甘いスイカです。
寒暖差の大きい富良野ならではの高糖度スイカです。
マドンナすいかはひとつのツルから間引いて、一番元気な1個のスイカしか残しません。全ての栄養をひとつに集中させます。マドンナすいかの甘さの秘密です。
様々な基準をクリアしないといけませんが、最終的には糖度が12度以上でないと出荷できません。

価格 サイズ 評価
5,378円〜 2L〜6L (7kg〜11kg) すいか,通販,お取り寄せ

 

 

黒太陽 2Lサイズ

夏スイカ生産量日本一の山形県尾花沢スイカの「黒太陽」です。
寒暖差の大きい土地が、甘みとシャリ感のあるスイカを作ります。
玉まわしという台座の上で、日光が均等に当たるよう向きを変えながら栽培していきます。とても手間のかかる作業ですが、糖度とシャリ感を生み出すには必要な作業です。

価格 サイズ 評価
4,596円 2L (7〜8kg) すいか,通販,お取り寄せ

 

 

縞無双 (秀山) 2Lサイズ

中島園芸出荷組合は年間3万個ものスイカを出荷しています。
糖度ばかりを追い求めると、シャリ感が消えていってしまいます。
そんなシャリ感と糖度の微妙なバランスを保っているのが中島園芸出荷組合の縞無双(秀山)です。
糖度検査で11.5度以上になったら収穫しています。

価格 サイズ 評価
4,083円 2L (7〜8kg) すいか,通販,お取り寄せ

 

 

スイカの通販

夏の暑い日に欠かせないのが、スイカです。夏バテにも、熱い日のおやつにも、アウトドアにもぴったりな野菜でしょう。
安い金額で売られているのでスーパーで購入するという人が多いと思いますが、実はスイカは通販で買うことをおすすめします。
スーパーで売られているスイカは、味の幅がとても大きいです。食べてみるまでは甘く美味しいのかわからないものも多いのではないでしょうか。
特に夕方や夜になると余りものもスイカしか残っていないので、甘味の少ないあまり美味しくないスイカが残っていることも多いです。

 

しかし、通販で購入するスイカはほとんどが品質管理も美味しさの管理も徹底されたものが多く、美味しいスイカを気軽に購入することが出来ます。
値段も1000円から2000円くらいの比較的安い商品から数千円もする高級スイカまで、幅広く販売されています。
一玉Mサイズから購入できるので、一人暮らしの人でも購入しやすいでしょう。

 

最近は、友達同士やご近所の人と共同でスイカの通販を購入して買う人も増えています。共同で購入をすれば、安い金額で送料も分割して、お得に買えます。
できるだけ安いスイカを購入したいという人には、アウトレットのスイカもおすすめです。
アウトレットといっても、多少の傷などがあり店頭で販売することができなかったというお品がほとんどなので、味には問題ありません。
美味しいスイカをたくさん食べたい人は、スイカを通販で買ってみませんか。

黒太陽スイカの特徴

黒太陽

山形県は、スイカの出荷量日本一の産地です。この地域では、黒太陽スイカというスイカの品種を販売されています。

スイカというと、緑色で模様が入っているのが主ですが黒太陽スイカは黒色に近い深緑色をした、とても珍しいスイカです。
ナイフを入れると真っ赤な果実が見え、とても甘味が強く、瑞々しくも強いシャリシャリ感を得られる美味しいスイカとなっています。
普段食べているスイカとは色合いが違うので最初は驚くかもしれませんが、食べてみるととても上品な味わいで、甘味も水分もたっぷりの夏の暑い日にぴったりな美味しさを体験できるでしょう。
淡白な甘さなので、特に年配の方に人気の品種となっています。

 

また、黒太陽スイカは皮まで美味しく食べることが出来ます。
実を食べ終えたら、皮は漬物やお味噌汁の具として加工をすることが出来ます。とても美味しく、皮まで食べられるスイカなんて珍しいですよね。

 

スイカは初夏から初秋までの長い期間食べる事ができますが、黒太陽スイカの旬は7月末から8月上旬のちょうど暑い時期です。
さっぱりとした味わいなので、夏バテをしている人でも美味しく食べるうことが出来るでしょう。
一玉一玉丹精込めて作られたスイカなので、値段は決して安くありません。
6キロの大玉で3000円から4000円が主流となっているので、気軽に食べられないという人も多いかもしれません。
しかし、スイカが好きな人であれば一度体験して欲しい味わいです。

尾花沢スイカの特徴

縞無双

スイカにも品種があることをご存じでしょうか。スイカはメロンやさくらんぼなどの高級なイメージの強い果物と違い、安い金額でスーパーで買える野菜、という印象が強いでしょう。

しかし、スイカにもいくつかの品種があります。

 

尾花沢スイカは、スイカの品種の一つです。普通のスイカに比べて甘くシャリシャリ感が強く、さっぱりとした爽やかさを感じられる品種でしょう。
スイカは、基本的に糖度が11度以上ないと出荷されないようになっています。しかし、ほとんどのスイカは糖度10度くらいでしか出荷されていません。
しかし尾花沢スイカはなんと糖度13度程を基準に販売しています。そのため、他のスイカに慣れているととても甘味が強く、美味しいスイカに感じるのではないでしょうか。

 

美味しいスイカは、食べてみないとわかりません。もちろん旬に食べれば美味しいスイカに巡り合う確立が高いですが、確実性はありません。
しかし、品質の保証された品種のスイカであれば、どんな時期でも美味しいスイカに巡り合うことができます。
尾花沢スイカは、甘さを保つ為に肥料も栽培方法も、生育期間や日照り温度もしっかりと管理して造られています。
少しでも作業段階で甘さがあれば、高い品質の美味しいスイカを作ることが出来ません。

 

甘く美味しいスイカを食べたいのであれば、尾花沢スイカがおすすめです。一度食べたら、もう普通のスイカを食べることができなくなってしまうかも知れません。